wooden die


抜き型について

弊社では、主に「木型」と呼ばれる抜き型を使用しております。

ベースとなるベニヤ合板に溝切りを施し、同じ形状に曲げた鋼材の刃 (トムソン刃) を埋設した抜き型で、トムソン型 (またはビク型) と呼ばれています。

古くから採用されてきた抜き型で、金型よりも低コストで汎用性も高いことから、様々な製品の加工に活用されています。

現在では、熟練した職人の高い技術と最先端テクノロジーの融合によって、金型同等の高精度な型を短納期で製作することが可能です。

*トムソン刃では加工が困難な複雑形状、R同士の接合、異形状の抜きカス排出など特殊な仕様を求められる場合は「彫刻刃」や「ピナクルダイ」との組み合わせも可能です。

トムソン刃と高精度の彫刻刃 (楕円カス排出) との組み合わせ
トムソン刃と高精度の彫刻刃 (楕円カス排出) との組み合わせ


他にもここではご紹介しきれない豊富なバリエーションの中から

お客様のご要望に沿った最適なカッティングエッジをご提案いたします。

どうぞお気軽にご相談ください。

Tel: 048-288-7228   Fax: 048-288-7638

(平日 8:30 ~ 17:30)